ITSSの導入をお考えのご担当者の皆様へ − ITSS相談センター

ITSS相談センター

 最近、少しづつではありますが、ITSSについての様々な資料が出てくるようになりました。 しかし、まだまだITSSを正確に理解できない、どのように導入すればよいかわからない、などの声が聞かれます。
 株式会社イーネットでは、「Uメソッド」という方法に基づいてITSSのコンサルティングを多く手がけており、Uメソッドによる導入実績がございます。しかし、ITSSの導入方法は他にも幾つかありますし、あるいは企業担当者によって自社導入することも可能です。
 このページ、「ITSS相談センター」 は、なるべく広く、様々な手法やメリットうやデメリットなどを広くお伝えし、itss導入のために助けになる情報をご提供してゆく事ができればと考えております。

 なお、このページはなるべく公平に (第三者的視点で) 記述する事を目標にしてはおりますが、株式会社イーネットは「Uメソッド」に関して最も詳しいため、他の手法よりも「有利に?」に記述してしまうかもしれませんが、そのあたりは読者側で差し引いて考えてください。 しかし、極力贔屓目にならないよう心がけます (^ ^;)ゞ

いつITSSを導入すべきか、まだ時期は早いか

 上記のご質問をよくいただきます。
 結論ですが、企業によって異なるとは思いますが、可能であるならば早く導入した方が良いと言えるでしょう。
 まだ、ITSSは発展途上であるから、時期尚早であるのではないかというご意見が聞かれますが、一理はあります。確かにITSSは、まだまだ発展途上であり、これからも改善されてゆきます。しかし、どんなにITSSの完成度が上がったとしても、即、社内で100%運用・活用できる とはなりません。やはり、社内で廻してゆくにも時間がかかるものです。ですから、今、導入しても、早すぎると言う事は無いと思っております。

 >> いつITSSを導入すべきかの続きは… こちらで 

 

次回内容予告

ITSSの導入は、自社導入か社外に依頼すべきか