株式会社イーネット 株式会社イーネット
トップページへ セミナーへ コンサルティングへ ライティングへ 講師募集へ 会社案内へ リンク集へ 更新履歴へ
 

ITSS導入支援

 ITSS導入支援

 ITSSと言う単語を聞いたことがありますか? 先進的なIT企業では、認知度が高まっております。

 一口に言うと、ITSSとは、経済産業省が推奨している、IT人材に関する指標を指しています。このITSSを活用すると、様々なメリットがあるのです。ざっと列挙してみますと…

 ● 企業の人材を成長させる一つの尺度になる。
 ● IT業界のどの企業(大企業、中小企業を問わず)においても、技術レベルの共通語として使用できる。
 ● 会社の利益率を向上する事ができる。 → 企業戦略にも役立たせる事ができる。
 ● キャリアパスを明示できる。 → 会社の魅力を増すことができる。
 ● 税の控除を受けることができる
   などなど。

 しかし、ITSSに関連した資料が少なかったため、大企業および一部の中小企業では活用されているものの、導入はまだまだと言わざるを得ません。また、ITSSを導入できるコンサルタントが、まだ少ないため、どのように行えばよいか、あるいはどのコンサルティング会社に依頼するのが良いか、判断が難しいところです。

 また、ITSS導入と銘打ってはいるものの、経産省が推奨するものとは異なる「独自のITSS」を自社用に作り、導入するように薦めるコンサルタントもあります。その場合には、かなり悲惨な状況も見聞きします。費用は高いうえに導入後には一般市場では使い物にならなくなってしまいます。さらに導入後もなんのフォローも行なわない「やり逃げ」のコンサルタントの噂も、残念ですが時々耳にするのです。

 イーネットは 「Uメソッド」 という一連のプロセスを使用し、リーズナブルで効果の高いITSS導入の支援を行なっており、多くの実績を有しております。ITSSの導入を成功させる事は、競争の激化するこれからの時代にあって、IT業界において飛躍するための第一歩になることでしょう。この機会に、是非ともITSSの導入をご検討ください。
 
 また、下記の通り、ITSS導入のノウハウを満載した本も発売しました。この本を参考にすれば、高いコンサルタントに費用を費やさなくとも自社導入が可能かもしれません。こちらも是非、参考資料にしていただければと思います。

 「Uメソッド」に関しての補足情報 : 多少、誤解を招かれる事がございますが、株式会社イーネットでは、全ての企業において 「Uメソッド」 による導入を薦めているわけではございません。 「Uメソッド」 には、向き不向きがあり、状況によっては他の導入方法が適している場合もございます。 例として、自社内では人材育成制度と人事(処遇)評価制度が全く分離されていたり、現存の自社内の制度を利用して ITSSのレベル付けを行いたい場合などは、他の導入方法が良いという結論になります。過去において、そのような導入のお手伝いもさせていただいております。
 
参考情報として 自社に適したITSS導入コースは もご覧下さい。

ITSSについてのコンテンツ紹介
(各項目をクリックしてください)


「これならできる!ITSS導入・運用ガイド」 
Ver2 対応版

「これならできる!ITSS導入・運用ガイド」Ver2対応版の画像

  著者 大石 雄 出版社 ラトルズ   2480円+税   ISBN4-89977-144-4

目次

第1章 ITSSとは
 〜日本のIT業界をとりまく環境〜
1−1 IT業界の現状とITSS
1−2 ITSSの本質
1−3 ITSS導入の障害
1−4 ITSSはこう活用する

第2章 ITSSの導入プロセス
 〜導入の成功と失敗を分ける要素〜
2−1 ITSS導入準備−Uメソッドのすすめ
2−2 ITSSの活用
2−3 スキルレベル測定の留意点
2−4 人事評価への問題点と応用
2−5 自社向けカスタマイズの留意点
第3章 ITSSの運用に向けて
 〜目的に合わせた運用とは〜
3−1 ITSS運用のポイント
3−2 ITSS導入の問題点と対応
3−3 目的に応じた導入のすすめ
3−4 アセスメントの実際
3−5 運用体制と運用ルール
3−6 ITSSを成功させるために



付録1 Q&A
付録2 ITSS診断WEBツールの紹介
付録3 ITSS運用の強い味方 SSI−ITSS
 

Uメソッドに関して

【読者の皆様へ】
 本書でご紹介しております、一連のプロセスである 「Uメソッド」 は、誰でも自由に使用することが出来る手法であり、株式会社イーネットは権利を主張いたしません。 従って、同等の手法で導入を行った際には 「Uメソッド」 による導入と謳う事も、何ら差し支えありません。

【ITSS導入ご担当者、および、ITSS導入コンサルタントの皆様へ】
 本書でご紹介しております、一連のプロセスである 「Uメソッド」 は、誰でも自由に使用することが出来ます。 また、同等の手法で導入を行った際には 「Uメソッド」 による導入と謳う事も、何ら差し支えありません。
 なお、「Uメソッド」によってどのような導入を行ったか、事例を集めたり情報交換を行うことによってより良いものにしてゆきたいと考えております。また、上手くいかなかった点や、困っている点なども、お互いに協力して考えてゆきたいと思っております。 強制ではございませんが、もし 「Uメソッド」 を使用してコンサルティングを行われましたコンサルタントの方や、「Uメソッド」で導入されました企業の方がいらっしゃいましたら、こちらへご一報いただければ、私どもも励みになりますので、是非ともよろしくお願いいたします。

   YOishi@e-netcorp.jp (大石 雄 宛)
   件名:【Uメソッドによる導入に関して】 でお願いします。

2006年5月1日 イーネット 大石 雄


株式会社イーネットは
「ITSS Users' Conference 2006」の
公式スポンサーです

株式会社イーネットは「ITSS Users' Conference 2006」の公式スポンサーです

| トップページ | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ | ページのトップへ |